キャンセル料金や、ペナルティーについて知ろう

予約のキャンセルにはペナルティーあり

痛い出費になります。

シェービング料金以上に頭の痛い問題となってくる、余計な料金が発生してしまう原因となっているのが予約をキャンセルしなければならないときに発生する料金や、ペナルティーです。
これは、サロンによっても異なりますし、同じサロンでも、選んだコースによって違いがある場合がありますので、注意しなければなりません。
忘れていかなかったとか、無断で行かなかったとか、そんな場合は自分が悪いのですから、ペナルティーを受けて当然ですが、風邪をひいて熱があるとか 、整理になってしまったとか、やむおえない事情でキャンセルする場合であっても、無料でキャンセルできる決められた時刻までに連絡を入れないと、数千円のキャンセル料金が発生したり、1回分消費したことになるのです。
ですから、自分が契約した脱毛サロンの、条件ついて必ず頭に入れておく必要があります。

月額制は特に注意

月額制のコースを契約した場合は得に注意してください。回数制の場合は、予約をしなければキャンセルもないので、消費はしませんが、月1回とか、2回とか決まっている場合は、その月に予約をしなければ、やってもやらなくても消費したことになり、月料金も発生します。おまけにこの予約ですが、自分の都合に合う日が空いていなくて予約が取れなかったとか言う場合でも消費したことになるのが普通です。

時間がとれる学生や主婦には月額制がいいと思いますが、OLさんなど忙しい人にはお勧めできないです。また途中で辞められる月額制の場合は、まだ完全でないから追加で脱毛したいという場合など、あと何回やればいいかやってみないと分からないという時にはいいと思います。(月額制でも継続最低期間が1年とかだと意味はありませんけれど。)

サロン別キャンセル料金比較

ラヴォーグ キャンセル・予約変更の連絡は前日の13時まで それ以外は1回分消費
ミュゼ

当日キャンセルでもキャンセル料金なし!
無断キャンセルでも無料らしい(道徳的にどうかと思うが)

エタラビ 前日、夜21時までのキャンセルは無料当日キャンセルの場合、キャンセル料として1,000円無断キャンセルの場合、2,000円
キレイモ

月額制 キャンセルしても1回消化するので事実上キャンセル不能
回数パック 前日、夜21時までにキャンセル可能

このように比較してみると一番厳しいのは、キレイモですね。
学生など時間的な余裕がない人も場合は、回数パックがいいでしょう。
ミュゼは本当にすごいですが、これだと安易に予約を取る人がいるので、予約が取りにくくなるという事になるのではないかと思います。

脱毛予約とキャンセル関連ページ

脱毛前のシェービングと自己処理について
脱毛する前には、シェービングをする必要があります。自己処理が原則ですが、自分一人では剃れない部分は度押したらいいのでしょうか?また脱毛サロンのシェービング料金について知る必用もあります。
全身脱毛料金の比較
全身脱毛料金を比較してみました。脱毛料金以外のコストも含めていますので、どこがコストパフォーマンスが優れているのか攪乱してみてください。